いまあるサイトのURLから
カンタン取り込み

いま公開しているサイトのURLを入力して取り込みをボタンを押すだけで、たったの3分(※)でCMSにすることができます。 1ページあたりの取り込み時間の目安です

公開するサイトのデザインを
見たまま編集

サイトのデザインを見ながら文字の書き換えや画像の変更ができます。HTML/CSSなどの専門的な知識は必要ありません!

日本語のサイトから
自動で翻訳・多言語対応

サイトを自動で翻訳し(※)、外国人向けのサイトを作ることができます。表示言語の切り替えができるので、あらゆる国のユーザーに対応できます。 マイクロソフト社の翻訳APIを標準搭載しています

商品カタログやブログ、ニュースに使える
データベース機能を標準搭載

データベース生成機能を標準搭載しているので、不動産テナントや商品カタログなどの膨大な情報を取り扱うサイトや、ブログやニュースリリースなどの過去の情報を貯めていくサイトを作ることができます。

構成言語がPythonだから実現できる
強靭なセキュリティ

PythonのフレームワークであるWeb2pyを使って厳密に構成された「あかもん」は、SQLインジェクションを根本から遮断するため強靭なセキュリティで動きます。過去3年間セキュリティのトラブルは一切起きていません(※)2016年11月現在、問合せ窓口実績
なお、あらゆるセキュリティトラブルの防止を保証するものではありません

あかもんの必殺技「取り込み機能」の流れ

取り込みたいウェブサイトを確認URLが分かればOK

管理画面で取り込みたいURLを入力誰でも簡単に!

取り込み終わるまでちょっと待つだけ1ページ平均3分

見た目そのままでCMSに取り込み完了取り込んだページは見たままで編集できます

取り込み機能はこんな場面で大活躍!

  • 既存ウェブサイトを誰でも簡単にCMSに引っ越せます
  • エンジニアが複雑な設定に時間をかける必要がありません
  • 取り込んだページを見たままで編集できます
  • Web制作会社は制作コストの削減ができます
  • オウンドメディアの運用
毎月平均20社ずつあかもんのご利用が増えています※2016年3月〜5月実績

お客様インタビュー

実際に「あかもん」をご利用のお客様に、使用感や選択の理由をお伺いしました

川名操体治療室様

"課題の解決がすぐ実行でき、そして育てていくことができる
「あかもん」が、おすすめです。"

インタビューを見る

株式会社エクスチェンジ様

"お客様のサイトリテラシーが向上し、新たな依頼が生まれ生まれやすくなり、ホームページ制作会社との間でシナジーを生むようになりました。"

インタビューを見る

【5分でできる】SEO内部対策の見直しの3つの超基本設定
「CMSって何?」と今さら聞けないあなたがレベル1の魔法使いからレベル15になれるくらい解説してみた
【暴露!】WordPressがライセンスフリーであることの落とし穴
CSSの忘備録「擬似要素:contentに文字化けせずに全角を設定する」

ウェブマーケティングブログ

News Release

ニュースリリース

ページの先頭へ